銀座カラー   脱毛サロンでは脱毛してはいけない話

脱毛サロンでは脱毛してはいけない話

現在の法律の元では脱毛という定義がこのようにされています。

 

厚生労働省医政局医事課の通達によれば、

 

医師免許を有しない者による脱毛行為等の取扱いについて

 

第1 脱毛行為等に対する医師法の適用

 

以下に示す行為は、医師が行うのでなければ保健衛生上危害の生ずるおそれのある行為であり、医師免許を有しない者が業として行えば医師法第17条に違反すること。

 

用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為

 

針先に色素を付けながら、皮膚の表面に墨等の色素を入れる行為

 

酸等の化学薬品を皮膚に塗布して、しわ、しみ等に対して表皮剥離を行う行為

 

これらの方法で、光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為はすべて医師法違反であると定義しています。

 

この法律からしますと、現在、営業しているエステサロンの脱毛行為はすべて法律違反であるといっているのです。

 

このことから考えますと、結論から言うと、エステサロンで永久脱毛すると違法です。逮捕されちゃいます。というか実際にたくさん逮捕されちゃってます。

 

私は某大手エステサロンで脱毛をしましたが、脱毛効果は全く得られず、総額240万もの借金と想像していたのとは真逆の荒れた汚い肌だけが残りました。脱毛の料金自体は100万くらいでしたが、言葉巧みな勧誘にまんまとひっかかり追加追加で色々な施術をどんどん増やして結局240万までいきました。

 

それもそのはず、そもそもエステサロンは脱毛効果が出ないのではなく、法律で脱毛効果を出してはいけないとなっているんです。
脱毛効果が出るとそれはもう医療行為に当たると厚生労働省が発表しています。

 

摘発されている脱毛サロン

 

 

この法律に基づいて、摘発されている脱毛サロンは、今でもたくさん検挙されて告発されているんです。
このことから考えてみますと、現在営業中の脱毛サロンはすべて法律違反の営業をしているわけですから、いつ摘発されてしまい、倒産してもおかしくないということなんですね。

 

 

私個人としては、エステサロンが脱毛の効果を高めたい気持ちは分からなくもないです。だってエステサロンにとっては死活問題ですからね。

 

エステサロンって脱毛効果が高くないと「あのエステサロンは脱毛効果がない!」などと悪い評判がたってお客がどんどん減っていきますからね。それに昔はエステサロンの脱毛は違法でもありませんでしたから。

 

でも今現在、違法は違法なので、「減毛」というグレーゾーンで脱毛施術を続けるか、もしくは非現実的ですが法律を変えるために活動をするしかないですよね。

 

脱毛施術をしているエステサロンの中には、この「減毛」を強調して運営しているエステサロンもありますが、この「減毛」でも、もし患者に火傷を負わせてその患者が警察に相談すれば逮捕される可能性は否定できないと思います。

 

そして経営者や従業員が逮捕されてそのエステサロンが潰れると、通っていた人たちは必然的に返金などのトラブルに巻き込まれてしまいます。

 

もし私の様に大金を既に支払っていたり、多額のローンを組んでいたら・・・考えただけで恐怖です(+_+;そんな大きなリスクを負ってまでエステサロンで脱毛しようなんて私は思いませんし、おすすめしません。

 

無料カウンセリングはこちら↓ ↓ ↓ 

 

 

関連ページ

脱毛の効果はどのくらいで現れるの?
一般の脱毛サロンと異なり、銀座カラーは独自で研究開発した保湿ケア「美肌潤美」で、お客様に本物の美肌効果をお届けします。
脱毛サロンに通う回数はどのくらい?
一般の脱毛サロンと異なり、銀座カラーは独自で研究開発した保湿ケア「美肌潤美」で、お客様に本物の美肌効果をお届けします。
脱毛の施術終了後毛が生えてきたという人が6割
銀座カラーの全身脱毛は、プレミアムファストパスという方法で、全身脱毛を1年間で8回通えるスピード脱毛コースが大人気なんですよ。また、一般の脱毛サロンと異なり、銀座カラーは独自で研究開発した保湿ケア「美肌潤美」で、お客様に本物の美肌効果をお届けします。