脱毛の基本的な知識

妊娠中はどうして施術が受けられない?

脱毛機器の多くのものは、フラッシュ(光)やレーザー脱毛による施術は子宮や胎児に悪影響を与えるものではありません。ということになっていますが、しかし多くのエステでは妊娠中の施術は断られます。

 

なぜ子宮や胎児に悪影響を与えないというのにダメなのでしょうか?

 

 

 

理由としては

 

@ 脱毛時の痛みによる陣痛の誘発

 

A 痛みによる刺激やストレスが母体に良くない

 

などの理由により、どこの脱毛サロンでも妊娠中の脱毛は断られてしまいます。

 

 

ちなみに施術箇所も関係ありません。V,I,Oラインなど施術時の痛みで直接影響がありそうな場所だからダメとかではないです。

 

妊娠しているときは、急に気持ちが悪くなったり、吐き気やめまいなど、自分も予期せぬ体調の変化が急に訪れたりします。

 

妊娠初期も不安定な身体の変化もあり、安全第一なため、マタニティエステなどでも妊娠初期は予約をお断りされます。

 

妊娠後期になって安定してきたといっても、おなかが大きくなった状態でエステのベッドに寝そべったりするときに母体に負担が掛かったり、長時間同じ体勢でいることによって気分が悪くなったりしたら困るというのもあります。

 

妊娠時はヘアカラーも控えたりしますよね。

 

そういうのと同じく、肌や母体に負担をかけることはしないほうがいいのです。
脱毛は場所によってはかなり痛い所もありますから。

 

妊娠中は特に自己処理をするにしても電気シェーバーなどで極力肌に負担をかけないのが賢明です。

 

また、永久脱毛は結婚前に済ませておく人も多いようです。結婚後だとだんなさんにエステに通うことの理解を得ることが難しかったり、経済的な優先順位も変わってしまうからです。

 

ちなみに男性でもヒゲの永久脱毛をする人は婚前に済ませる人が多いようです。

 

実際、妊娠して子供が生まれてから通おうと思ってもなかなか子供と離れる時間をつくれず、断念してしまう人が多いです。保育園や親、友達などに預けて行くという人も稀にいますが、赤ちゃんのうちはそれもなかなか難しいことですよね。

 

以上のような理由から、妊娠の可能性のある女性の場合は、1年間6回コースなどのエステでの契約では妊娠による休会、延長が可能かどうかなどの確認が必要です。

 

妊娠による休会、延長が不可な場合は損をしてしまうので注意しましょう。

 

エステによっては休会の期間も決められていたり、休会の手続き手数料を取られることもありますから注意しましょうね。

 

妊娠の予定がある人は、期限のあるコース制の契約ではなく、無期限の回数制、永久保証のあるエステもしくは都度払いのできるエステを選んだほうが無難ですよ。

 

 

 

 

 

関連ページ

カウンセリングで良いエステを探す
銀座カラーの全身脱毛は、プレミアムファストパスという方法で、全身脱毛を1年間で8回通えるスピード脱毛コースが大人気なんですよ。また、一般の脱毛サロンと異なり、銀座カラーは独自で研究開発した保湿ケア「美肌潤美」で、お客様に本物の美肌効果をお届けします。