エステの強引な勧誘が心配

エステの強引な勧誘が心配

いまだになくならない強引な勧誘

ヤフー知恵袋や質問コナーなどを見てみますと、強引な勧誘について心配されることが多くあります。
ということは、それだけ、サロンによって多かれ、少なかれ、勧誘が行われているということになります。

 

エステの営業は、基本的に無料体験というところから始まります。

 

電車や駅などのポスターを見て、激安だったので無料体験をまず体験してみようと思う方が見えると思いますが・・。
やはり不安な事はそれは勧誘についてですよね。

 

お店の広告や、HPには、「表示価格以外は一切不要!入会金・ジェル代等一切不要です。」と書かれているのですが、実際行ってみて本当に勧誘されないか心配かと思います。

 

エステの場合は、無料体験、あるいは「お試しコース」として、初回利用者の人を対象に、「部分痩せ3,00円お試し体験」や「ワキ脱毛5,00円体験エステ」など、通常のコース料金と比べると格安のキャンペーン商品を宣伝しているエステサロンも多いですね。

 

でも、少し考えてみればお分かりになると思いますが、500円や1000円で店舗が利益を上げて経営していける訳がありませんね。

 

こうしたお試しコースを利用すると、必ず施術後に「通常のエステコースの契約を促す」勧誘があります。

 

エステサロンの勧誘はしつこいことで知られており、以前は「契約するまで密室に2時間も閉じ込められて延々と説得される」事例も問題になりました。

 

どこのサロンとは言いませんが、今でもそのような勧誘を行い利益を上げているサロンの噂を聞いたことがあります。

 

こうした悪質な勧誘行為に対しての罰則が強化されたこともあり、現在では以前ほど極端なケースは少なくなりましたが、強引な勧誘行為はなくなっていません。

エステサロンの勧誘を断る方法

エステサロンの勧誘を断るときに上手にコミュニケーションを取りたいものです。

 

もし、あなたがこのようなエステサロンに遭遇した場合に、どのように対処したらいいのでしょうか。

 

エステサロン側も毎日多数の客に対して勧誘行為を行なっているプロですから「こう言われたら、こう言い返す」というマニュアルはしっかりできています。

 

例えば「お金がない」などは間違った断り方です。お金がない人には間違いなくローンについての説明が始まります。エステではローン契約を使ってこそ、より高額なコースに流すことができますので、勧誘時に「お金がない」は絶対にダメですよ。

基本的には何も理由は言わずに、ただ単に断るのが一番良い方法です。

理由を言えばそれに対しての新たな勧誘方法で迫られますから、余計なことは話さずに「申し訳ないのですが契約しません」という思い切って断ったほうがいいでしょう。

 

勧誘の際によくある売り文句が「今だけのお得なコースです。

 

今、この場で契約してもらえる方だけのチャンスで、大幅な値引きが利きます」という内容です。とにかくエステティシャンたちはその場での契約を迫ってきます。

 

そのような場合でも、いろいろな理由を言いますと断りにくくなりますから、「一度、帰ってからよく検討して、また返事をします」といえばいいのです。

 

それにその場で強引な勧誘を断ったエステサロンでは、大抵は「本日中にご連絡いただけましたら、割引料金を適用させていただきます」と言います。

 

あまりしつこくて、どうしようもない時は、エステシャンの名前を確認して、「消費者センター」通報しますよ。といえばあっさりと、店側は引いてくれますから、大丈夫ですよ。

 

 

無料カウンセリングはこちら↓ ↓ ↓ 

 

関連ページ

脱毛したいが痛みが心配!
一般の脱毛サロンと異なり、銀座カラーは独自で研究開発した保湿ケア「美肌潤美」で、お客様に本物の美肌効果をお届けします。
脱毛サロンが乱立する中での問題
一般の脱毛サロンと異なり、銀座カラーは独自で研究開発した保湿ケア「美肌潤美」で、お客様に本物の美肌効果をお届けします。