医療レーザー脱毛メリットとデメリット

医療レーザー脱毛については、医師が直接、あるいは医師の監視の下で医療従事者が使用を許可されていますから、エステなどでは、使用することができません。
また医療機関のために治療費も高く、当然保険適用にもなりません。ただ、多毛症という病気がありますので、そのような診断がされれば、ほけんが適用される場合があります。
ムダ毛の治療にかかる期間は、処理する範囲の広さやムダ毛の量によって個人差があるようです。普通の方の目安としては、1・2ヶ月に1度のペースでレーザーを照射し、約3回~5回レーザーの照射が必要のようです。
医療レーザー脱毛の効果については、諸説ありますが、日本での医療用レーザー機によるムダ毛の治療は1997年から開始され、電気脱毛に比べ歴史が浅く、施術後、永久的な効果が得られた状態であるかの確認は、まだ判断できてないようですが、ほぼ永久的な効果が得られているようです。
医療レーザー脱毛をするに当たっては、「日焼けをしない」「毛を抜かない」「毛を染めない」など、いくつか注意しておかなければならない点がありますので、医師の指示に従って治療をしてください。
ただ、デメリットとしては、施術時にかなり痛みを伴うことと、施術費用が高いということありますが、施術費用に関しては、エステに比較して回数が少ないですから、比較してみるとそんなに高くはないかもしれませんね。

【鼻の毛穴黒ずみ】※毛穴の開きを引き締め治す化粧品

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です