なぜか増えている牽引性脱毛症 

女性に多いとも言われています牽引性脱毛症とはどのようなものなのでしょうか。
簡単に言えば、髪の毛の分け目・結び目が薄毛になる状態のことです。
この症状は誰にでもおこる可能性があり、おしゃれのためにしている事が、実は薄毛を引き起こしてしまっていると言ことです。牽引性脱毛症の原因となっているのは頭皮を引っ張り過ぎてしまうことにあるようですが、このように頭皮を引っ張り過ぎてしまうことによって頭皮が硬くなってしまい、頭の血行が悪くなってしまうことが原因といわれています。”
牽引性脱毛症の原因にになるといわれている髪型としては、ポニーテールといわれる方法で髪の毛をピッタリ結ぶというのは常に髪が引っ張られている状態となるために、強く束ねていると頭皮にものすっごく負担がかかります。また、エクステンションの場合も、究極に髪の毛が引っ張られている状態を作りだしていますので、かゆみをおこしたりシャンプーやリンス・整髪料が残って頭にニキビができ、そのまま部分的にハゲてしまう事も少なくありません。後ろでお団子を作る髪型も、一点に集中して重みがあり、また椅子に座ると上か下に髪の毛が引っ張られてしまう事があるので注意が必要です。そのほかには、三つ編み・編み込みやヘアアイロン、いつも分け目が同じ・髪をかきあげるくせがあるなど原因はいろいろありますが、牽引性脱毛症の治す方法と対策としては髪の毛を短くカットすることです。髪を短くすれば、まとめたりアレンジする必要がなくなりますので、脱毛部分も自然に回復します。牽引性脱毛症は症状がかるいので、ヘアスタイルの見直し・頭皮や髪に負担をかけないように意識するだけでも自然な回復が見込めますから、そのような症状がある方は意識して髪型を作りましょう。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です