インプラント治療のデメリット

インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、それと裏腹のデメリットもあります。
最大のデメリットは費用が高額になることです。

難しいケースでは数十万円かかるケースもまれではありません。

そして、治療にミスや失敗があると取り返しがつかない健康被害が起きる危険性も承知しておいてください。

まれな症例として、治療が原因で死亡することも過去にはありました。

様々なインプラント治療の問題点を皆さん、入念に調べたと思います。

その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうといった口コミがあったかもしれません。
しかし、それは正しくありません。

磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。

インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なのでチタンの特性として、磁気には反応しないため検査で問題になることはまずありません。

人工歯としてのインプラントは噛んだときに安定しており、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、また嬉しいですね。

両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに強いものでもあります。
どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりあごの骨にインプラントを定着させるので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなく骨の中にインプラントが埋まらなければ普通は再手術しか手段はなく、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。
それに、埋入手術の際には周辺の神経を損傷する危険性もあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です