インプラント治療全体では最短で3ヶ月最長で10ヶ月ほど必要

 

インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが一般的です。

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。
しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。

なぜ適用されないかというと、インプラントを入れるという一連の治療はブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるのでトータルの治療費用は高額になってきます。
これを保険適用にしてしまうと、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。

ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのありふれたケースのインプラント治療もどうしても院内感染のリスクは伴います。
その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことがキーポイントの一つです。

感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてきちんとホームページに載せている歯科医院も確実に増加していますので、真っ先に見ておきたいところです。

典型的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。
まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。

あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというプロセスをたどります。

人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。

ですから、インプラント治療全体では最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。
どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。

ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、普通のケースではまず適用されず検査など、治療の一部しか保険がきかないのが負担が大きくなる原因です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です