腰痛になる原因は人によって様々

誰もが一度は腰痛を経験したことがあると思いますが、腰痛になる原因は人によって様々です。ほとんどの場合には、なんらかの理由で、腰の筋肉に負担がかかり、その負荷に耐えられなくなった筋肉が炎症を起こし、腰が痛くなります。日常生活を送る中で、姿勢が悪い人や同じ作業を繰り返して行っている人は、前かがみになったり、直立した姿勢を続けていることで、腰の筋肉に大きなは負担をかけ、腰痛を引き起こすことが多いです。また、重たい荷物をもつなど、腰に強い負荷がかかる動作を行ったり、運動不足や加齢などにより腰の筋肉が衰えている人も、腰痛を起こしやすいと言えます。他にも、内臓の疾患や精神的なストレスが原因で、腰痛が起こることもあります。ただ、やはり、腰痛になる原因として多いのは、腰の筋肉の疲労です。普通に立ったり、歩いたりするだけでも、腰に大きな負担をかけている状態なのですが、さらに、不自然な姿勢をとり続けることで、筋肉を疲労させてしまいます。この筋肉の疲れが蓄積されて限界になると、腰痛が起こるのです。それに、筋肉疲労だけでなく、無理な姿勢を続けることで起こる骨盤のゆがみも関係しています。骨盤は全身を支える大切な骨です。骨盤がゆがんでしまうことで体の重心がずれてしまい、筋肉への負担はますます大きくなってしまいます。特に女性は、妊娠や出産などでホルモンバランスが大きく変化するので、腰痛を発症しやすいと言われています。冷え性などで血行が悪い人も、筋肉疲労が起こりやすいため、腰痛になりやすくなります。悪い姿勢を長く続けて筋肉の疲労が積み重なったり、冷え性などで血行が悪くなることで、腰の筋肉が緊張し、腰の痛みが増してしまうでしょう。椎間板ヘルニアとは、頸椎から腰椎にかけての骨の間にある椎間板が、突き出てしまっている状態を言います。骨と骨の間にあり、クッションのような役割をもつ椎間板が、柔軟性を失い、はみ出してしまうことで神経を圧迫し、激しい痛みを引き起こしてしまう病気です。腰痛以外にも、下肢の痛みやしびれなどが症状として挙げられます。せきやくしゃみをしただけで、激しい痛みに襲われることもあります。長時間同じ姿勢で仕事をしていたり、猫背などで姿勢が悪いと、椎間板への圧力が大きくなり、背骨や腰骨への負担が高まって、椎間板ヘルニアになる危険性が増すのです。また、加齢も椎間板ヘルニアの原因となります。椎間板は、ほぼ水分のゼリー状の物質でできており、加齢とともにその量が減少していきます。椎間板が減少し、柔軟性を失っていくことにより、日常の動作が次第に負担となっていきます。骨そのものが老化し、弱くなっていると、軽い衝撃でも骨や椎間板が損傷してしまう恐れがあるでしょう。椎間板ヘルニアは、安静にしていることで多くの場合には改善すると言われていますが、一度なってしまうと再発する可能性が高いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です