腰痛用の椅子を選ぶポイント

長く同じ姿勢でいることで、体の筋肉が緊張して、腰痛を引き起こしてしまいます。腰痛を改善するには、体の筋肉を引っ張って伸ばすために、ストレッチをするのが効果的です。腰痛改善ストレッチには、仕事の合間に行える簡単なものから、自宅でじっくりと行えるものまで、様々なやり方があります。ストレッチを行うことで、緊張した筋肉をほぐし、血液循環を良くします。ストレッチは腰痛の改善のほかにも、腰痛予防としても効果的でしょう。職場などで長時間椅子に座りっぱなしの人は、休憩中などの空いた時間に、椅子に座ったまま腰に手を当てて、体をゆっくりと左右にねじる、前に倒すなどの簡単なストレッチを行うだけでも効果があります。自宅では、仰向けになって、両手で両膝をかかえてゆっくり元にもどしたり、腰から下の部分をひねったりするストレッチがおすすめです。余裕がある人は、腰回りの筋肉だけでなく、背中や腿などのストレッチも合わせて行うとさらに効果的です。ストレッチをする際は、決して無理をせずに自分のペースで行い、痛みのあるとき以外は、毎日継続して行いましょう。反動をつけたり、無理に伸ばすなどの行為は避け、痛みがひどくなる場合は、すぐに中止してください。腰痛の種類によっては、ストレッチをすることで、症状が悪化してしまう場合もあります。既に痛みがある人、腰痛の治療中の人は、専門医に相談してから、ストレッチを行ってくださいね。長時間同じ姿勢で座っていると腰痛になりやすいため、運転手さんやデスクワークをしている人は腰痛対策が必要です。同じ姿勢でいることで、腰周りの筋肉に負担がかかり、腰痛を引き起こしてしまいます。椅子に座れば腰痛が楽になると思われがちですが、逆に、背中が丸まってしまうことなどから、立っているときよりも腰への負担は大きくなります。どんなに意識して姿勢を良くしようとしていても、座っている椅子の高さ・形・素材などにより、知らず知らずのうちに姿勢が崩れて、腰痛を引き起こしてしまうことも少なくありません。腰痛用の椅子は、座っている時でも、直立に近い姿勢を保つことで、腰への負担を減らすことが可能になります。また、座っている状態から立ち上がる時にも、腰を曲げる必要がない構造になっている為、腰への負担を軽減できるのも、大きな特徴の一つです。腰痛用の椅子には、低反発素材を使用したもの、マッサージ機能が備わっているもの、骨盤のゆがみを矯正してくれるものなど、たくさんの種類があります。腰痛用の椅子を選ぶポイントとしては、椎間板にかかる圧力や背中の筋肉への負担を軽減するために、背もたれが後ろに傾くタイプのもの、腰の部分が曲線になっていて、腰回りをサポートしてくれるもの、座面の素材が柔らかすぎないもの、長時間同じ姿勢にならないように、座幅の広いものを選ぶと良いでしょう。また、高さの調節ができる肘掛があると便利です。腰痛用の椅子の中で、ダントツの人気を誇るのが、座椅子タイプになります。腰痛用座いすは、角度調節ができるものが多く、自分に最適な角度を見つけることが可能です。自分に合った角度に調節することで、椅子と体に隙間がなくなり、腰痛が楽になるでしょう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です