自宅をオール電化にしようかと検討中の方

オール電化の住宅が、今、非常に人気が高いことはご存知かと思います。もしかしたら、自宅をオール電化にしようかと検討中の方もいらっしゃるかもしれませんね。ただリフォームはしたいんだけど、そのための費用を考えると踏み切れない、という方もいらっしゃるかと思います。オール電化後の電気代がご心配な方もいらっしゃると思います。オール電化とは、お風呂やコンロなどを全て電気で賄う仕組みだからです。でも、そこは大丈夫です。オール電化にすると光熱費の負担は軽くなります。オール電化へリフォームをするとどうなるかと言いますと、お風呂は湯沸かし器から電気給湯器へ、コンロはガスコンロからIHへ変わります。ちなみに、お湯を沸かしたい時にガスコンロだと時間が掛かってしまいますが、IHだとすぐに沸騰してしまいます。威力はすごいです。また、ガスコンロと違って時間が経てば忘れていても自動的に電源が切れます。だから、火事を防ぐ事ができますね。では、このIHクッキングヒーターを導入するには、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。まずは、オール電化への足がかりとしてIHクッキングヒーターを設置したいところですが、その環境やIHの機種によっても異なりますが、おおよそ20万から45万円で導入が可能です。ビルトインタイプのIHクッキングヒーターの場合、本体価格が約15万~35万円です。取り付けの費用は、5万~10万円になります。さらに、電気給湯器であるエコキュートを設置するためには、だいたい55万円から95万円で導入が可能です。エコキュートの本体が約45万~80万円、設置費用がおおよそ10万~15万円と言ったところです。ただ、工事費については業者によって多少異なりますから、まずは見積もりを出してみることをお勧めします。オール電化にするための費用は、決してお安いものではありませんから、業者選びをはじめる時点から慎重に行ないたいものですね。意識は高いものがありますので、これからのテーマといえると思います。オール電化の住宅と、エコキュートは切っても切れない間柄です。エコキュートを設置してこそ、オール電化住宅が環境にやさしく経済的にお得になるのです。そもそも、エコキュートとは何かといいますと、電力会社と給湯機メーカーが共通で使用している自然冷媒ヒートポンプ式電気給湯機の総称です。エコキュートは空気の熱をくみ上げることで、その熱でお湯を沸かしています。常温の空気からお湯が沸くほどの熱が得られる仕組みについてですが、これには冷媒が関係しています。冷媒とは、熱を運ぶ働きをする物質で、エコキュートでは二酸化炭素が使われています。二酸化炭素が熱を運ぶヒートポンプの仕組みですが、まず大気中の熱を二酸化炭素が吸収します。吸収された二酸化炭素が、コンプレッサーで圧縮されると高熱になるのですが、その熱を熱交換器で水に伝え、お湯を沸かすのです。この仕組みによってエコキュートは高温のお湯を沸かしているのです。オール電化の住宅が人気を博している中、なぜエコキュートが注目されているのは、やはり健康にやさしい点と、経済的である点につきます。環境の面で見てみると、エコキュートは、「ノンフロン」よりも地球温暖化への影響が少なく環境に優しい二酸化炭素を使っていること、しかも工場等から排出されるものが再利用されていて高く評価されています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です