「健康 病気」カテゴリーアーカイブ

インプラント定期的に歯科医院でメンテナンス

インプラント治療を始める前にチェックすることとして、あごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。

とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前に既往症を完全に治しておく問題が生じます。

また、美容整形であごの骨に手を加えた方も治療にかなりの危険が伴います。

もちろん、こうした既往症があるだけでインプラント治療ができないわけではないため不安がなくなるよう歯科医に相談してください。

言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、お手入れなしで長持ちすると思ったら大間違いです。
特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。

食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病を引き起こすこともあるのです。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。
その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。

歯科治療の一環として、インプラント治療もある程度のリスクを伴う治療です。

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体の損傷、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目を損なってしまう問題もあります。

こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはデータや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。

一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。
もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって費用の差になってきますので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して治療に取りかかることをすすめます。

いろいろなデータの中でも重要なのはインプラント治療を受けた方からの評価です。

近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。

最近よく耳にするインプラントは、自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代用となる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。
従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので強度や使用感が天然歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことができます。

現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療にお金がかかることは承知しておいてください。
全てのインプラント患者にとって、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。

ちょっと調べればわかりますが、治療費は地域や、歯科医によってずいぶん違っています。
保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。
ただし、おおよそ相場は決まっています。

 

インプラント治療のデメリット

インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、それと裏腹のデメリットもあります。
最大のデメリットは費用が高額になることです。

難しいケースでは数十万円かかるケースもまれではありません。

そして、治療にミスや失敗があると取り返しがつかない健康被害が起きる危険性も承知しておいてください。

まれな症例として、治療が原因で死亡することも過去にはありました。

様々なインプラント治療の問題点を皆さん、入念に調べたと思います。

その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうといった口コミがあったかもしれません。
しかし、それは正しくありません。

磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。

インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なのでチタンの特性として、磁気には反応しないため検査で問題になることはまずありません。

人工歯としてのインプラントは噛んだときに安定しており、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、また嬉しいですね。

両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに強いものでもあります。
どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりあごの骨にインプラントを定着させるので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなく骨の中にインプラントが埋まらなければ普通は再手術しか手段はなく、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。
それに、埋入手術の際には周辺の神経を損傷する危険性もあります。

 

うつ病の原因って?

うつ病は元々、「心の病」と呼ばれていますが、近年では脳内物質の不足によって起きているとわかってきました。具体的には、脳内物質のセロトニンの不足が大きく関係しているといわれています。しかし、それは症状の一つにすぎません。では、なぜ脳内物質が不足してしまうのか?となると、結局、元のところに戻ってきますが、精神的なストレスが原因になることが一番多いといわれています。多くの場合は、仕事や学業のストレス・人間関係のストレスなどが原因のことが多いようです。でも、精神的ストレスは、「嫌なこと・つらいこと」ばかりではありません。時には、結婚・就職・進学・出産・転居など、自分にとって嬉しいことが原因になることも知られています。自分にとって嬉しい出来事であるために、その喜びのほうが勝っていて気が付きにくいのですが、そのような大きな環境変化は精神的に様々なプレッシャーやストレスを与えることになり、気が付いたら突然気分が落ち込んでいたということもあります。このように、うつ病の殆どは心因性の原因といわれています。ですが、原因はそれだけではなく、肉体的病が精神的落ち込みや焦りに繋がり、うつ病に発展してしまうこともあります。また、脳に何らかの衝撃を受けたり、薬の副作用、加齢などが原因のホルモンバランスの崩れや能力の低下が原因となって発症するケースもあるのです。さらに、真面目な人はうつ病になりやすいといわれるように、その人の性格や体質も大きく関係しているでしょう。

うつ病になったら?

うつ病は、そのタイプによって治療法も変わりますし、症状によって薬も変わります。うつ病の治療薬には、主に抗うつ剤・精神安定剤(気分安定剤)・抗不安薬・睡眠薬(睡眠導入剤)を使用します。それぞれの薬は、ものによっては何十種類もあります。その中から精神科医が症状にあわせて判断しながら薬を組み合わせて処方します。また、それと平行して、患者が希望するようなら、あるいは、医師が必要と判断すると、カウンセリングを行うこともあります。ですから、まず専門の医師に掛かることが重要なのですが、精神科受診は避けたいと考える人が多いのが現状です。そのため、心療内科を訪れる人も少なくありませんが、心療内科は精神的な原因で肉体的な病が発症した人を主に診療するところです。例えば、神経性胃炎とかストレス性胃潰瘍などです。心療内科の医師は、抗うつ剤を処方することはできても、その人の精神状態に最適な薬を判断して処方する専門家ではありません。自分がうつ病かもと思ったら、できるだけ早い段階で精神科を訪れるようにしましょう。テレビドラマなどの影響で勘違いしている人も多いですが、基本的に定期的な検診とカウンセリングは別物です。医師は症状を聞いて薬の効き目を確認しながら処方を変えたり続けたりを判断します。なので、殆どの場合、「具合はどうですか?」と症状を聞くだけで、診療時間は5~30分程度です。カウンセリングは医師ではなく、カウンセラーの予約を取って掛かる事になっているのが一般的です。

腰痛を和らげるコルセットやベルトを使用

長時間立っていることができない人や椅子に長く座っていると辛い人、立ち上がるのが辛い人などは、日頃から充分に注意してください。椎間板ヘルニアは症状が悪化すると、腰の痛みや下半身のしびれだけでなく、排尿障害やインポテンツなど、様々な症状が起こります。おかしいと思った場合には、早めに専門医を受診しましょう。つらい腰痛を和らげるグッズとしておすすめなのは、腰痛用のコルセットやベルトなどです。コルセットやベルトは、腰痛を治してくれるものではなく、痛みを和らげてくれるサポート的な役割で使用します。腰痛のときに、体を支える筋肉に働きかけ、痛みの出る姿勢をとらないように補助してくれるのです。コルセットやベルトを使用しているだけで、何もしていない状態よりは確実に腰痛が楽になるでしょう。コルセットは、使用すると腰をしっかり固定してくれる道具で、痛みを和らげてくれます。医療用となっており、比較的痛みが強い場合に使用することが多いです。ただ、圧迫する力が強いので、ある程度痛みが治まったら、コルセットの使用は控えてください。整形外科などを受診すると、手に入れることができます。ベルトであれば、腰痛ベルトや骨盤ベルトとして、ドラッグストアなどで簡単に手に入れることができるはずです。簡単に入手できることから、腰痛を和らげるグッズとしては、コルセットよりもベルトの人気が高くなっています。腰痛ベルトには、素材や形状、電気が流れるものなど、様々な種類があります。自分の体型や腰痛の症状に合ったベルトを選びましょう。腰からずれないこと、日常生活の動作を妨げないことが、選ぶ際のポイントです。また、夏場には蒸れないように、メッシュタイプのベルトを選ぶといいですね。他にも、腰を温めて血行を良くする保温グッズ、入浴剤、マッサージ器など、腰痛を和らげるグッズはたくさんあります。一般的に、腰痛がひどくなった場合には、整形外科を受診して、症状に合わせた治療を行うことが多いでしょう。でも、病院に通い続けても、なかなか腰痛が改善しないこともありますよね。それに、薬や手術などを避けて、整体や鍼、マッサージなどで腰痛を改善する人も少なくありません。ただ、もし、腰の痛みが激しかったり、慢性的に痛む時には、一度、整形外科を受診してみてください。整形外科では、問診・視診・触診などの検査を行い、症状によっては、レントゲンやCT、MRIなどの検査も行います。整形外科はどのような腰痛に対しても対応が可能ですし、整体や鍼では骨の変形や腫瘍、関節のゆがみなどの判断ができないことも多いでしょう。それに、腰痛の原因が内臓の病気だったというケースもあります。また、整形外科は保険が適用されますので、経済的負担も少なくなります。整体では、骨や関節の矯正をしてくれます。背骨や骨盤のゆがみを矯正し、体のバランスを整えていくことで、腰痛を軽減させるのです。ただ、整体での治療には即効性がなく、定期的に通う必要があります。さらに、整体では、医療行為をすることができません。万が一、手術が必要な腰痛の場合であっても、発見が遅れてしまうこともあるので、くれぐれも注意が必要です。鍼治療は、体のツボを鍼で刺激し、人間が本来もつ自然治癒能力を引き出して腰痛を和らげます。国家資格ではありますが、医療行為ではなく、あくまでも体質を改善することが目的の治療方法です。鍼治療は医師の同意書があれば保険を適用することも可能ですが、鍼治療を受けている期間は病院での治療が受けられないという難点があります。整体や鍼は、整形外科で検査しても異常がみられなかった場合、もしくは、筋肉疲労による慢性的な腰痛の時に受診するのがおすすめです。

腰痛になる原因は人によって様々

誰もが一度は腰痛を経験したことがあると思いますが、腰痛になる原因は人によって様々です。ほとんどの場合には、なんらかの理由で、腰の筋肉に負担がかかり、その負荷に耐えられなくなった筋肉が炎症を起こし、腰が痛くなります。日常生活を送る中で、姿勢が悪い人や同じ作業を繰り返して行っている人は、前かがみになったり、直立した姿勢を続けていることで、腰の筋肉に大きなは負担をかけ、腰痛を引き起こすことが多いです。また、重たい荷物をもつなど、腰に強い負荷がかかる動作を行ったり、運動不足や加齢などにより腰の筋肉が衰えている人も、腰痛を起こしやすいと言えます。他にも、内臓の疾患や精神的なストレスが原因で、腰痛が起こることもあります。ただ、やはり、腰痛になる原因として多いのは、腰の筋肉の疲労です。普通に立ったり、歩いたりするだけでも、腰に大きな負担をかけている状態なのですが、さらに、不自然な姿勢をとり続けることで、筋肉を疲労させてしまいます。この筋肉の疲れが蓄積されて限界になると、腰痛が起こるのです。それに、筋肉疲労だけでなく、無理な姿勢を続けることで起こる骨盤のゆがみも関係しています。骨盤は全身を支える大切な骨です。骨盤がゆがんでしまうことで体の重心がずれてしまい、筋肉への負担はますます大きくなってしまいます。特に女性は、妊娠や出産などでホルモンバランスが大きく変化するので、腰痛を発症しやすいと言われています。冷え性などで血行が悪い人も、筋肉疲労が起こりやすいため、腰痛になりやすくなります。悪い姿勢を長く続けて筋肉の疲労が積み重なったり、冷え性などで血行が悪くなることで、腰の筋肉が緊張し、腰の痛みが増してしまうでしょう。椎間板ヘルニアとは、頸椎から腰椎にかけての骨の間にある椎間板が、突き出てしまっている状態を言います。骨と骨の間にあり、クッションのような役割をもつ椎間板が、柔軟性を失い、はみ出してしまうことで神経を圧迫し、激しい痛みを引き起こしてしまう病気です。腰痛以外にも、下肢の痛みやしびれなどが症状として挙げられます。せきやくしゃみをしただけで、激しい痛みに襲われることもあります。長時間同じ姿勢で仕事をしていたり、猫背などで姿勢が悪いと、椎間板への圧力が大きくなり、背骨や腰骨への負担が高まって、椎間板ヘルニアになる危険性が増すのです。また、加齢も椎間板ヘルニアの原因となります。椎間板は、ほぼ水分のゼリー状の物質でできており、加齢とともにその量が減少していきます。椎間板が減少し、柔軟性を失っていくことにより、日常の動作が次第に負担となっていきます。骨そのものが老化し、弱くなっていると、軽い衝撃でも骨や椎間板が損傷してしまう恐れがあるでしょう。椎間板ヘルニアは、安静にしていることで多くの場合には改善すると言われていますが、一度なってしまうと再発する可能性が高いです。

 

腰痛用の椅子を選ぶポイント

長く同じ姿勢でいることで、体の筋肉が緊張して、腰痛を引き起こしてしまいます。腰痛を改善するには、体の筋肉を引っ張って伸ばすために、ストレッチをするのが効果的です。腰痛改善ストレッチには、仕事の合間に行える簡単なものから、自宅でじっくりと行えるものまで、様々なやり方があります。ストレッチを行うことで、緊張した筋肉をほぐし、血液循環を良くします。ストレッチは腰痛の改善のほかにも、腰痛予防としても効果的でしょう。職場などで長時間椅子に座りっぱなしの人は、休憩中などの空いた時間に、椅子に座ったまま腰に手を当てて、体をゆっくりと左右にねじる、前に倒すなどの簡単なストレッチを行うだけでも効果があります。自宅では、仰向けになって、両手で両膝をかかえてゆっくり元にもどしたり、腰から下の部分をひねったりするストレッチがおすすめです。余裕がある人は、腰回りの筋肉だけでなく、背中や腿などのストレッチも合わせて行うとさらに効果的です。ストレッチをする際は、決して無理をせずに自分のペースで行い、痛みのあるとき以外は、毎日継続して行いましょう。反動をつけたり、無理に伸ばすなどの行為は避け、痛みがひどくなる場合は、すぐに中止してください。腰痛の種類によっては、ストレッチをすることで、症状が悪化してしまう場合もあります。既に痛みがある人、腰痛の治療中の人は、専門医に相談してから、ストレッチを行ってくださいね。長時間同じ姿勢で座っていると腰痛になりやすいため、運転手さんやデスクワークをしている人は腰痛対策が必要です。同じ姿勢でいることで、腰周りの筋肉に負担がかかり、腰痛を引き起こしてしまいます。椅子に座れば腰痛が楽になると思われがちですが、逆に、背中が丸まってしまうことなどから、立っているときよりも腰への負担は大きくなります。どんなに意識して姿勢を良くしようとしていても、座っている椅子の高さ・形・素材などにより、知らず知らずのうちに姿勢が崩れて、腰痛を引き起こしてしまうことも少なくありません。腰痛用の椅子は、座っている時でも、直立に近い姿勢を保つことで、腰への負担を減らすことが可能になります。また、座っている状態から立ち上がる時にも、腰を曲げる必要がない構造になっている為、腰への負担を軽減できるのも、大きな特徴の一つです。腰痛用の椅子には、低反発素材を使用したもの、マッサージ機能が備わっているもの、骨盤のゆがみを矯正してくれるものなど、たくさんの種類があります。腰痛用の椅子を選ぶポイントとしては、椎間板にかかる圧力や背中の筋肉への負担を軽減するために、背もたれが後ろに傾くタイプのもの、腰の部分が曲線になっていて、腰回りをサポートしてくれるもの、座面の素材が柔らかすぎないもの、長時間同じ姿勢にならないように、座幅の広いものを選ぶと良いでしょう。また、高さの調節ができる肘掛があると便利です。腰痛用の椅子の中で、ダントツの人気を誇るのが、座椅子タイプになります。腰痛用座いすは、角度調節ができるものが多く、自分に最適な角度を見つけることが可能です。自分に合った角度に調節することで、椅子と体に隙間がなくなり、腰痛が楽になるでしょう

 

鍼治療は体のツボを鍼で刺激

鍼治療は、体のツボを鍼で刺激し、人間が本来もつ自然治癒能力を引き出して腰痛を和らげます。国家資格ではありますが、医療行為ではなく、あくまでも体質を改善することが目的の治療方法です。鍼治療は医師の同意書があれば保険を適用することも可能ですが、鍼治療を受けている期間は病院での治療が受けられないという難点があります。整体や鍼は、整形外科で検査しても異常がみられなかった場合、もしくは、筋肉疲労による慢性的な腰痛の時に受診するのがおすすめです。つらい腰痛を和らげるグッズとしておすすめなのは、腰痛用のコルセットやベルトなどです。コルセットやベルトは、腰痛を治してくれるものではなく、痛みを和らげてくれるサポート的な役割で使用します。腰痛のときに、体を支える筋肉に働きかけ、痛みの出る姿勢をとらないように補助してくれるのです。コルセットやベルトを使用しているだけで、何もしていない状態よりは確実に腰痛が楽になるでしょう。コルセットは、使用すると腰をしっかり固定してくれる道具で、痛みを和らげてくれます。医療用となっており、比較的痛みが強い場合に使用することが多いです。ただ、圧迫する力が強いので、ある程度痛みが治まったら、コルセットの使用は控えてください。整形外科などを受診すると、手に入れることができます。ベルトであれば、腰痛ベルトや骨盤ベルトとして、ドラッグストアなどで簡単に手に入れることができるはずです。簡単に入手できることから、腰痛を和らげるグッズとしては、コルセットよりもベルトの人気が高くなっています。腰痛ベルトには、素材や形状、電気が流れるものなど、様々な種類があります。自分の体型や腰痛の症状に合ったベルトを選びましょう。腰からずれないこと、日常生活の動作を妨げないことが、選ぶ際のポイントです。また、夏場には蒸れないように、メッシュタイプのベルトを選ぶといいですね。他にも、腰を温めて血行を良くする保温グッズ、入浴剤、マッサージ器など、腰痛を和らげるグッズはたくさんあります。長時間同じ姿勢で座っていると腰痛になりやすいため、運転手さんやデスクワークをしている人は腰痛対策が必要です。同じ姿勢でいることで、腰周りの筋肉に負担がかかり、腰痛を引き起こしてしまいます。椅子に座れば腰痛が楽になると思われがちですが、逆に、背中が丸まってしまうことなどから、立っているときよりも腰への負担は大きくなります。どんなに意識して姿勢を良くしようとしていても、座っている椅子の高さ・形・素材などにより、知らず知らずのうちに姿勢が崩れて、腰痛を引き起こしてしまうことも少なくありません。腰痛用の椅子は、座っている時でも、直立に近い姿勢を保つことで、腰への負担を減らすことが可能になります。また、座っている状態から立ち上がる時にも、腰を曲げる必要がない構造になっている為、腰への負担を軽減できるのも、大きな特徴の一つです。腰痛用の椅子には、低反発素材を使用したもの、マッサージ機能が備わっているもの、骨盤のゆがみを矯正してくれるものなど、たくさんの種類があります。腰痛用の椅子を選ぶポイントとしては、椎間板にかかる圧力や背中の筋肉への負担を軽減するために、背もたれが後ろに傾くタイプのもの、腰の部分が曲線になっていて、腰回りをサポートしてくれるもの、座面の素材が柔らかすぎないもの、長時間同じ姿勢にならないように、座幅の広いものを選ぶと良いでしょう。また、高さの調節ができる肘掛があると便利です。腰痛用の椅子の中で、ダントツの人気を誇るのが、座椅子タイプになります。腰痛用座いすは、角度調節ができるものが多く、自分に最適な角度を見つけることが可能です。自分に合った角度に調節することで、椅子と体に隙間がなくなり、腰痛が楽になるでしょう