「育毛」カテゴリーアーカイブ

びまん性脱毛症の解決策 

びまん性脱毛症の治療方法はまずは原因を知って対策を寝ることが大切ですね。
“シャンプーを使ってのヘアケアは1日に一回にする!・ヘアカラー、パーマは2、3ヶ月に1回にする・ブラッシングは、優しく頭皮にダメージを与えないようにするなど、これらのことに少し気を付けて頭皮をいたわってあげましょう。”
また、体も髪も栄養があってこそ保たれるので、過剰なダイエットをしている方は、あまり痩せすぎるようなダイエットはやめましょう。”ホルモンバランスの乱れからくるびまん性脱毛症には、豆乳が良いといわれています。大豆イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをしますのでおすすめです。”
頭皮マッサージを行って頭皮の血行を促進することは髪にとてもいいですが、頭皮マッサージの方法では、けっして爪を立てることはしないで、指の腹で優しく自分が気持ちいいと思える強さでマッサージをしていきましょう。”
また、その日のストレスも大きな原因のひとつになります、その日のうちにという感じで、毎日家で自分がリラックスできる時間を持ち、自分にとって気持ちいいと感じることをたくさんしてストレス発散し、次の日にストレスをためないようにすることが大切ですね。育毛剤を使用し乱れたヘアサイクルを正常に戻してあげるほうほうもゆうこうです。
びまん性脱毛症に効く育毛剤にはどんなものがあるのでしょうか。
ミノキシジル配合のものがもっとも効果的といわれています。もちろん女性用のものを使ってください。
女性用のミノキシジル配合育毛剤は男性用のような高濃度なミノキシジルが必要ないため男性用と比べて濃度が低めになっています。女性専用の育毛剤の場合は効果が見込めるので、メーカー側も自信があり、数か月もの期間、返金に応じる商品もあります。なので返金に応じるメーカーを選ぶをオススメします。

若い女性を中心に増加中のびまん性脱毛症 

びまん性脱毛症とは、髪の毛が部分的ではなく全体が薄くなるのが特徴です。
目に見える症状が出るまでに徐々に進行するので気づきにくく症状が悪化してしまうことが少なくありません。ふと気が付いたときは取り返しのつかない状態の時もありますからきをつけましょう。
びまん性脱毛症は、抜け毛が増えたりツヤがなくなったりします。更年期前後から症状が出始めることが多く、閉経後にさらに目立ってくるため老化現象かなとおもいそのままにしておく方が多いようですが、これは男性にも起こることで、男性の場合は、男性型脱毛症(AGA)といいます。それの女性版でもあり別名「女性男性型脱毛症(FAGA)」ともいわれています。
症状としては、髪の毛のボリュームが減ってきた・地肌が目立つようになってきた・髪が細くなってきた ・髪の毛のコシがなくなってきたなどの症状が表れるようになったら「びまん性脱毛症」かもしれません。
びまん性脱毛症が起こる原因は①老化による場合があります。女性ホルモンは年齢と共に少しずつ減少し閉経の頃には急激にホルモンバランスの乱れが起こります。さらに頭皮の潤いを保つのに必要なコラーゲンや皮脂も減少するため、頭皮が乾燥し脱毛に繋がると考えられています。また、出産によって”女性ホルモンが活発に分泌される妊娠時はホルモンのバランスが変化しヘアサイクルが一時的に乱れるため、出産後に異常な脱毛症状を起こすことがあります。
これは一時的なものなので自然に治ることがほとんどです。”
経口避妊薬(ピル)を常用していてピルを一定期間内服した後でストップすると、何らかの原因でホルモンバランスが一気に崩れてびまん性脱毛を起こすといわれます。それから、ストレスも大きな原因の一つですね。
“ストレスが溜まるとホルモンや自律神経のバランスが乱れます。また血管収縮により血行不良を起こし、毛髪に必要な栄養を運べなくなってしまいます。”
そのほかの原因としては、ダイエット、過度の頭皮ケア、女性ホルモンの低下、なども原因のひとつといわれています。

なぜか増えている牽引性脱毛症 

女性に多いとも言われています牽引性脱毛症とはどのようなものなのでしょうか。
簡単に言えば、髪の毛の分け目・結び目が薄毛になる状態のことです。
この症状は誰にでもおこる可能性があり、おしゃれのためにしている事が、実は薄毛を引き起こしてしまっていると言ことです。牽引性脱毛症の原因となっているのは頭皮を引っ張り過ぎてしまうことにあるようですが、このように頭皮を引っ張り過ぎてしまうことによって頭皮が硬くなってしまい、頭の血行が悪くなってしまうことが原因といわれています。”
牽引性脱毛症の原因にになるといわれている髪型としては、ポニーテールといわれる方法で髪の毛をピッタリ結ぶというのは常に髪が引っ張られている状態となるために、強く束ねていると頭皮にものすっごく負担がかかります。また、エクステンションの場合も、究極に髪の毛が引っ張られている状態を作りだしていますので、かゆみをおこしたりシャンプーやリンス・整髪料が残って頭にニキビができ、そのまま部分的にハゲてしまう事も少なくありません。後ろでお団子を作る髪型も、一点に集中して重みがあり、また椅子に座ると上か下に髪の毛が引っ張られてしまう事があるので注意が必要です。そのほかには、三つ編み・編み込みやヘアアイロン、いつも分け目が同じ・髪をかきあげるくせがあるなど原因はいろいろありますが、牽引性脱毛症の治す方法と対策としては髪の毛を短くカットすることです。髪を短くすれば、まとめたりアレンジする必要がなくなりますので、脱毛部分も自然に回復します。牽引性脱毛症は症状がかるいので、ヘアスタイルの見直し・頭皮や髪に負担をかけないように意識するだけでも自然な回復が見込めますから、そのような症状がある方は意識して髪型を作りましょう。”

ハゲを防止するためにはアルコールを控える 

私は飲みに行くのが好きなので、アルコールは髪に良くないとは言いたくないところですが、やはり度を越えると良くないです。
大酒飲みでも髪がフサフサ生えている人もいますが、人には体質というものがあります。このマニュアルを必死で読んでいる皆様は、決して髪が生えやすい体質でない方ばかりですので、やはり度を越すことがいいとはいえません。 でも、付き合いなどで深酒をすることもあると思います。
それが連日にならないように気をつけてください。
髪のためには、血行をよくするということが良いと先程から再三申し上げていますが、アルコールを多少飲むことは、血行を良くするという意味では良いと思います。
ただ、お酒を飲みすぎると、どうしても眠りが浅くなってしまいます。
お酒を飲んだ日の晩はいびきを「ビービー」かいてよく寝たと勘違いする人がいますが、眠りは非常に浅いです。
その証拠に、深酒した次の日の朝になかなか起きられないのは、二日酔いだからだけではなく、お酒のせいで眠りが浅くなってしまっていて、十分な睡眠がとれていないからです。
ストレスを発散するために、いっぱいお酒を飲んで騒いだりすることがありますが、よく眠ることのほうがストレスの発散には欠かせないことであるので、そのバランスを考えることも重要です。
みなさんはわかっていると思いますが寝すぎも良くないので、基準は 7 時間半で考えてみてください。
人間の睡眠のサイクルは 90 分ごとといわれているので、4 時間半、6 時間、7 時間半、9 時間と翌朝に起きる時間から逆算して寝るのが効果的だそうです。
ちなみに私の場合はそのサイクルは今までの経験からどうも 80 分くらいのようで、なるべくそれに準じて寝るようにしています。
あと、お酒を飲んだあとは、喉が渇くのは皆さん経験済みだとおもいますが、アルコールは体内の水分を急激に奪います。体内の水分が奪われるということは、血液もドロドロになりやすくなります。
ですので、アルコールも程ほどにしないと、不摂生の積み重ねが思わぬハゲを引き起こしますから、注意してください。
ちなみにアルコールを摂ったら、その飲んだ倍の水を飲まなければならないと言われています。
大酒飲みの方は大変かもしれませんが、なるべく飲酒後の水分補給をお忘れなく。

毛根周辺の細胞に外側から刺激

脱毛をしてしまいいった薄毛や、ハゲの状態になった場合に、これには原因があるはずですから、対処できうる原因を解消しさえすれば育毛になり、必ず新しい髪が生えてくるかといえば、 残念ながら髪が生えてこないケースもあります。

例えば過激なダイエットによる栄養失調が原因の脱毛の場合、 それまで栄養失調状態であったのだから、その改善策として栄養をきちんと補給しても、再び髪が回復する保証はありません。

さらに、男性ホルモンなどが原因で進行した脱毛の場合は、髪の回復はもっと難しい場合もあります。  その理由は、毛根の仮死状態です。毛根が完全に死んでしまったわけではないのですが、 脱毛症になると、毛乳頭が完全に萎縮して、次の髪を生やす準備ができなくなってしまいます。

これを「毛根の仮死状態」といい、こうなってしまうと、自力で発毛するのが非常に困難になります。 その仮死状態にある毛根の周辺の毛母細胞を活性化させることができれば、発毛を促進することはかのうかもしれませんが、 単に栄養を補給するなど原因を改善したぐらいではめったに生えてきません。

毛根が仮死状態となった以上は、現実に生えてくる例は非常にまれだからです。 毛根がすでに仮死状態に至った場合は、体質や食事、ヘアケアや生活習慣などの改善だけでは脱毛は治りません。 毛根周辺の細胞に外側から刺激を与え、毛根を活性化させ、毛根の仮死状態から復活させる、 つまり毛根の活性化をすることができれば、髪が再び生えてくる可能性は高くなります。 もともと人間には自然治癒力が備わっています。 もともと生えていた髪がなくなったのであれば、脱毛の原因が毛根の仮死状態にあるのなら、 毛根の活性化についても自然治癒力を使うことができるはずです。
自然治癒力を使うといっても自力ではなかなか難しいところがありますから、やはり専門家に相談するのが一番いいでしょう。