なぜか増えている牽引性脱毛症 

女性に多いとも言われています牽引性脱毛症とはどのようなものなのでしょうか。
簡単に言えば、髪の毛の分け目・結び目が薄毛になる状態のことです。
この症状は誰にでもおこる可能性があり、おしゃれのためにしている事が、実は薄毛を引き起こしてしまっていると言ことです。牽引性脱毛症の原因となっているのは頭皮を引っ張り過ぎてしまうことにあるようですが、このように頭皮を引っ張り過ぎてしまうことによって頭皮が硬くなってしまい、頭の血行が悪くなってしまうことが原因といわれています。”
牽引性脱毛症の原因にになるといわれている髪型としては、ポニーテールといわれる方法で髪の毛をピッタリ結ぶというのは常に髪が引っ張られている状態となるために、強く束ねていると頭皮にものすっごく負担がかかります。また、エクステンションの場合も、究極に髪の毛が引っ張られている状態を作りだしていますので、かゆみをおこしたりシャンプーやリンス・整髪料が残って頭にニキビができ、そのまま部分的にハゲてしまう事も少なくありません。後ろでお団子を作る髪型も、一点に集中して重みがあり、また椅子に座ると上か下に髪の毛が引っ張られてしまう事があるので注意が必要です。そのほかには、三つ編み・編み込みやヘアアイロン、いつも分け目が同じ・髪をかきあげるくせがあるなど原因はいろいろありますが、牽引性脱毛症の治す方法と対策としては髪の毛を短くカットすることです。髪を短くすれば、まとめたりアレンジする必要がなくなりますので、脱毛部分も自然に回復します。牽引性脱毛症は症状がかるいので、ヘアスタイルの見直し・頭皮や髪に負担をかけないように意識するだけでも自然な回復が見込めますから、そのような症状がある方は意識して髪型を作りましょう。”

ハゲを防止するためにはアルコールを控える 

私は飲みに行くのが好きなので、アルコールは髪に良くないとは言いたくないところですが、やはり度を越えると良くないです。
大酒飲みでも髪がフサフサ生えている人もいますが、人には体質というものがあります。このマニュアルを必死で読んでいる皆様は、決して髪が生えやすい体質でない方ばかりですので、やはり度を越すことがいいとはいえません。 でも、付き合いなどで深酒をすることもあると思います。
それが連日にならないように気をつけてください。
髪のためには、血行をよくするということが良いと先程から再三申し上げていますが、アルコールを多少飲むことは、血行を良くするという意味では良いと思います。
ただ、お酒を飲みすぎると、どうしても眠りが浅くなってしまいます。
お酒を飲んだ日の晩はいびきを「ビービー」かいてよく寝たと勘違いする人がいますが、眠りは非常に浅いです。
その証拠に、深酒した次の日の朝になかなか起きられないのは、二日酔いだからだけではなく、お酒のせいで眠りが浅くなってしまっていて、十分な睡眠がとれていないからです。
ストレスを発散するために、いっぱいお酒を飲んで騒いだりすることがありますが、よく眠ることのほうがストレスの発散には欠かせないことであるので、そのバランスを考えることも重要です。
みなさんはわかっていると思いますが寝すぎも良くないので、基準は 7 時間半で考えてみてください。
人間の睡眠のサイクルは 90 分ごとといわれているので、4 時間半、6 時間、7 時間半、9 時間と翌朝に起きる時間から逆算して寝るのが効果的だそうです。
ちなみに私の場合はそのサイクルは今までの経験からどうも 80 分くらいのようで、なるべくそれに準じて寝るようにしています。
あと、お酒を飲んだあとは、喉が渇くのは皆さん経験済みだとおもいますが、アルコールは体内の水分を急激に奪います。体内の水分が奪われるということは、血液もドロドロになりやすくなります。
ですので、アルコールも程ほどにしないと、不摂生の積み重ねが思わぬハゲを引き起こしますから、注意してください。
ちなみにアルコールを摂ったら、その飲んだ倍の水を飲まなければならないと言われています。
大酒飲みの方は大変かもしれませんが、なるべく飲酒後の水分補給をお忘れなく。

毛根周辺の細胞に外側から刺激

脱毛をしてしまいいった薄毛や、ハゲの状態になった場合に、これには原因があるはずですから、対処できうる原因を解消しさえすれば育毛になり、必ず新しい髪が生えてくるかといえば、 残念ながら髪が生えてこないケースもあります。

例えば過激なダイエットによる栄養失調が原因の脱毛の場合、 それまで栄養失調状態であったのだから、その改善策として栄養をきちんと補給しても、再び髪が回復する保証はありません。

さらに、男性ホルモンなどが原因で進行した脱毛の場合は、髪の回復はもっと難しい場合もあります。  その理由は、毛根の仮死状態です。毛根が完全に死んでしまったわけではないのですが、 脱毛症になると、毛乳頭が完全に萎縮して、次の髪を生やす準備ができなくなってしまいます。

これを「毛根の仮死状態」といい、こうなってしまうと、自力で発毛するのが非常に困難になります。 その仮死状態にある毛根の周辺の毛母細胞を活性化させることができれば、発毛を促進することはかのうかもしれませんが、 単に栄養を補給するなど原因を改善したぐらいではめったに生えてきません。

毛根が仮死状態となった以上は、現実に生えてくる例は非常にまれだからです。 毛根がすでに仮死状態に至った場合は、体質や食事、ヘアケアや生活習慣などの改善だけでは脱毛は治りません。 毛根周辺の細胞に外側から刺激を与え、毛根を活性化させ、毛根の仮死状態から復活させる、 つまり毛根の活性化をすることができれば、髪が再び生えてくる可能性は高くなります。 もともと人間には自然治癒力が備わっています。 もともと生えていた髪がなくなったのであれば、脱毛の原因が毛根の仮死状態にあるのなら、 毛根の活性化についても自然治癒力を使うことができるはずです。
自然治癒力を使うといっても自力ではなかなか難しいところがありますから、やはり専門家に相談するのが一番いいでしょう。

バストアップには様々な方法

今は、個人のブログでもバストアップに挑戦していると言う情報を発信している方もいらっしゃいますし、口コミサイトなどでも、それぞれのサプリメントについて、粒が小さくて飲みやすいだとか、どのくらいで胸の張りを感じただとか、そういうコメントがありますから、逐一読んでみる方がいいでしょう。それで、自分に合いそうなバストアップサプリを選びます。今、一番注目されているバストアップのサプリメントの成分は、やはりプエラリアでしょう。バストアップするには、女性ホルモンの活性化すると、バストアップの要因の一つである乳腺や乳脂肪体が発達してそれによりバストアップすると言われています。プエラリアにはその成分に含まれるミロエステロール、デオキシミロエステロールが、女性ホルモンであるエラストゲンを活性化させ、胸を大きくすると言われています。バストアップ以外の効果もあり、女性ホルモンのバランスを正常にすることにより、メリハリボディを作り、肌年齢を下げるなどの作用も期待できるそうです。気にする女性は年中気にしているようですが、やはり春を過ぎて夏になると、胸元が大きく開いた服を着るようになりますから、どうしてもバストの大きさや形が目に付いて気になってしまうものです。他の女性の豊かなバストを横目で見ながら、自分のバストと比べてしまったり。効果的なバストアップの方法はないものかと考え込んだりしてしまいます。そもそも、なぜ人によってバストの大きさにこんなに差があるのでしょうか?バストは、90%の脂肪組織と10%の乳腺から出来ています。胸の大きさを決めるのは、乳腺の発達の具合だと言われているのですが、乳腺を発達させるには、女性ホルモンの充分な分泌が必要になってきます。女性ホルモンが多く分泌されれば、身体に脂肪が付きやすくなるのですが同時にバストも大きくなっていきます。バストアップには様々な方法があり、美容整形外科の豊胸手術を受けるのもバストアップの一つですし、自宅で、マッサージやサプリメントを用いて取り組むのも一つの方法です。美容整形外科では、胸にシリコン製バッグを入れたり、他の部位から取った自分の脂肪を注入するなどのいわゆる豊胸を行なったり、女性ホルモン注射することによってバストアップを目指す方法がよく行なわれています。ただ、そこまでの勇気とお金がなかなか出せない場合には、自宅で時間をかけてバストアップする方法もありです。様々な方法があるために様々な情報が流れています。自分に一番あった方法で取り組むことが確実なバストアップにつながると思います。まずは、情報収集をすることをお勧めします。バストアップの方法もいろいろありますが、自宅で毎日取り組めるバストアップの方法としてマッサージがあります。特に、このマッサージはバストアップ体操と一緒に取り組むと効果がよく見えてきます。ただ、そのままマッサージすると、バストの皮膚に負担がかかってしまいます。なぜかといいますと、バストアップのためのマッサージは、顔のマッサージとは異なって、なでるだけでなく結構しっかりめにマッサージします。出来れば、マッサージオイルやジェルなどを用いるとよいでしょう。マッサージでバストアップの効果が出てくる理由としましては、血行がよくなるため、ということになります。バストそのものの血行をよくするということでもありますが、しっかりマッサージすることで、バストを支える大胸筋に働きかけるわけです。つまり、大胸筋の血行を良くする事が出来るんです。そうすることによって、バストが垂れることはなくなりますから、マッサージがバストアップに効果を表すわけです。バストアップ体操と一緒に行なうと、より効果的だといわれる所以はここにあります。いつでも簡単に出来るバストアップマッサージの方法としましては、まず座ったら片方の手を胸の下側にあて、一方の手は胸の上側にあてます。下側の手は、胸から脇の下の方向へ、上側の手は脇の下から胸の方向へマッサージします。両手を同時に動かして20回くらいマッサージします。左右の胸で行います。お風呂でもバストアップマッサージする方法があります。まず、右胸を右手にのせ、左手は右胸の上に置きます。右手の手のひらでバスト上に押し上げ、左手はバストを下の方向に軽く押します。20回くらい繰り返します。左胸も同じように行ないます。一番大切なことは、続けると言うことです。毎日少しずつのマッサージがバストアップにつながっていくからです。

自分自身でバストアップ

バストアップブラはブラの中に、脇やお腹の脂肪を集めてきて収めます。普通のブラジャーだと、徐々に徐々に脂肪は移動して戻っていってしまいますが、バストアップブラならそれがありません。だから、急にサイズアップしたかのようなバストがずっと続きます。そして、バストアップブラをつけ始めると、バストの形が少しずつ良くなっていきます。おそらく脂肪が胸に定着してくるのではないでしょうか?お出かけ用のバストアップブラと、お部屋で着ける用のバストアップブラが販売されていますから是非、使い分けてみて下さい。今は、バストアップにもいろんな方法がありますね。サプリメントを飲んでみることも、美容整形外科で豊胸をするのも一つのバストアップの方法です。どの方法にするかは、自分の生活スタイルや好みにもよりますが、自分自身でバストアップしていくのなら、エクササイズがお勧めです。エクササイズは、当然のことながら体を動かして筋肉を鍛えることでバストアップを図ります。中には、体を動かすのは苦手な方もいらっしゃるかもしれませんが、エクササイズと言っても、そんなに激しい運動ではありませんし、エクササイズによって、体の代謝がよくなり多少汗ばむだけでも気分がすっきりするとともに、継続することでダイエットの効果も期待できますよ。今日からでも、さっそくバストアップのためのエクササイズをはじめましょう。バストは、悲しいことに加齢によって垂れていってしまいます。大きなバストではなくても垂れていってしまうんですね。もし、長い年月なにもせずに放置したならば、バストの上の薄い皮と胸の筋肉である大胸筋だけで支えられているバストは、皮膚は弛むし大胸筋は老化するしで、バストの重みに耐えられなくなっていきます。バストを支えてくれている皮や胸の筋肉がきちんとバストを支え続けてくれるように、エクササイズをはじめましょう。バスト回りのマッサージや、皮膚や筋肉の維持に必要な食事を意識することも必要ですよ。サプリメントを飲みながらのエクササイズは、効果が出やすいでしょう。バストアップに成功し、胸周りに脂肪がついたとしてもそのバストを支える筋肉を発達させていなければ、かっこ悪い胸になってしまいます。バストアップエクササイズを継続して大胸筋を鍛える、それが本当のバストアップにつながるのだと思います。バストアップをするときに、サプリメントを飲む女性が増えています。そもそも、バストアップにサプリメントが効くの?と言う方も多いかもしれませんね。バストアップとサプリメントについて、少し調べてみましたが、現在販売されているバストアップ専用のサプリメントは、効果があるものとないものの2つに大きく分かれているようです。効果が現れないものは、数ヶ月飲み続けても効果が出ないようです。ただ、これはサプリメントに問題があるのか、ただ自分の体に合わないだけなのか、そこがはっきりしません。バストアップのためのサプリメントは、比較的高額ですので、あれこれと試すことは難しいですよね。では、どうするかと言いますと、まずはネットで情報収集することをお勧めします。

 

バストアップブラはバストを美しく保つための下着

女性の皆さんは、毎日ストレッチや美容体操などに励んでいらっしゃると思いますが、バストアップするためのバストアップ体操と言うものがあることをご存知ですか?バストアップ体操と言うと、ちょっと想像がつかない方もいらっしゃるかもしれませんが、要は、体操をすることでバストのラインを美しくしようというものです。人間なら誰でもそうなのですが、こと女性に関しては脂肪が体に多くつきやすいこともあり、加齢によってバストもヒップも垂れてきてしまいます。ですが、毎日体操を行なうことによって、バストの周りの筋肉を引き締めて、形をよくすることが出来ます。バストを支える筋肉である大胸筋を体操で少しずつ鍛えることによって、垂れたりしないキレイなバストをキープするわけです。今日を境にバストアップ体操をするかしないかで、3年後、5年後、10年後のバストが全然違ってきますよ。毎日継続してバストアップのための体操を行ってまいりましょう。バストアップ体操の目的は綺麗なバストラインを保つ、ということです。そのためには、体操したりしなかったりというのではなく、毎日の継続が大切になってくるのですが、一生懸命に頑張ろうと思うと、なかなか続きませんから、気軽に楽しく体操を行なうのが一番よいかと思います。腕立て伏せなど、胸郭を開くような体操がバストアップには適していますが、急にそんな運動は無理、と言うことであれば、タオルを持ってゆっくりと息を吐いていく体操だけでも継続することによって十分効果を得ることが出来ます。また、タオルを持って前で腕をクロスさせて力を入れるだけでも効果が出てきます。決して構えず、体操を楽しんでバストアップを目指していくとよいでしょう。 バストアップには欠かせないバストアップブラが非常に人気がありますね。年齢を問わず、多くの女性が使うようになってきています。一昔前には、高額な補正下着が物議をかもしていたものですが、最近では、女性の美容意識が向上したからか、あるいはきちんとした判断が出来るようになったからか、その類のものが高額であっても、問題が浮上することが少なくなりました。ただ、同じ補正下着でも、バストアップブラはちょっと意味合いが違います。普通の補正下着は、メリハリボディを作り出すためのものですよね。そのときだけ体型を美しく見せるためのものです。対して、バストアップブラはバストを美しく保つための下着です。自分に合わないブラジャーとか、大安売りで買ってしまったブラジャーとか言うものではバストは美しさを保てません。なぜかと言いますと、ブラに胸を収めていても、バストの脂肪が脇やお腹に流れていってしまうんですね。そうすると、バストは形が悪くなるだけでなく、小さくなっていきます。その結果、皮膚が余って垂れる、あるいは、胸がしぼむ、そんな状況になってしまうわけです。そうならないためには、バストアップブラは必須アイテムです。

バストアップにサプリメントが効くの?

バストアップをするときに、サプリメントを飲む女性が増えています。そもそも、バストアップにサプリメントが効くの?と言う方も多いかもしれませんね。バストアップとサプリメントについて、少し調べてみましたが、現在販売されているバストアップ専用のサプリメントは、効果があるものとないものの2つに大きく分かれているようです。効果が現れないものは、数ヶ月飲み続けても効果が出ないようです。ただ、これはサプリメントに問題があるのか、ただ自分の体に合わないだけなのか、そこがはっきりしません。バストアップのためのサプリメントは、比較的高額ですので、あれこれと試すことは難しいですよね。では、どうするかと言いますと、まずはネットで情報収集することをお勧めします。今は、個人のブログでもバストアップに挑戦していると言う情報を発信している方もいらっしゃいますし、口コミサイトなどでも、それぞれのサプリメントについて、粒が小さくて飲みやすいだとか、どのくらいで胸の張りを感じただとか、そういうコメントがありますから、逐一読んでみる方がいいでしょう。それで、自分に合いそうなバストアップサプリを選びます。今、一番注目されているバストアップのサプリメントの成分は、やはりプエラリアでしょう。バストアップするには、女性ホルモンの活性化すると、バストアップの要因の一つである乳腺や乳脂肪体が発達してそれによりバストアップすると言われています。プエラリアにはその成分に含まれるミロエステロール、デオキシミロエステロールが、女性ホルモンであるエラストゲンを活性化させ、胸を大きくすると言われています。バストアップ以外の効果もあり、女性ホルモンのバランスを正常にすることにより、メリハリボディを作り、肌年齢を下げるなどの作用も期待できるそうです。女性の皆さんは、毎日ストレッチや美容体操などに励んでいらっしゃると思いますが、バストアップするためのバストアップ体操と言うものがあることをご存知ですか?バストアップ体操と言うと、ちょっと想像がつかない方もいらっしゃるかもしれませんが、要は、体操をすることでバストのラインを美しくしようというものです。人間なら誰でもそうなのですが、こと女性に関しては脂肪が体に多くつきやすいこともあり、加齢によってバストもヒップも垂れてきてしまいます。ですが、毎日体操を行なうことによって、バストの周りの筋肉を引き締めて、形をよくすることが出来ます。バストを支える筋肉である大胸筋を体操で少しずつ鍛えることによって、垂れたりしないキレイなバストをキープするわけです。今日を境にバストアップ体操をするかしないかで、3年後、5年後、10年後のバストが全然違ってきますよ。毎日継続してバストアップのための体操を行ってまいりましょう。バストアップ体操の目的は綺麗なバストラインを保つ、ということです。そのためには、体操したりしなかったりというのではなく、毎日の継続が大切になってくるのですが、一生懸命に頑張ろうと思うと、なかなか続きませんから、気軽に楽しく体操を行なうのが一番よいかと思います。腕立て伏せなど、胸郭を開くような体操がバストアップには適していますが、急にそんな運動は無理、と言うことであれば、タオルを持ってゆっくりと息を吐いていく体操だけでも継続することによって十分効果を得ることが出来ます。また、タオルを持って前で腕をクロスさせて力を入れるだけでも効果が出てきます。決して構えず、体操を楽しんでバストアップを目指していくとよいでしょう。

美容整形外科の豊胸手術

バストアップには様々な方法があり、美容整形外科の豊胸手術を受けるのもバストアップの一つですし、自宅で、マッサージやサプリメントを用いて取り組むのも一つの方法です。美容整形外科では、胸にシリコン製バッグを入れたり、他の部位から取った自分の脂肪を注入するなどのいわゆる豊胸を行なったり、女性ホルモン注射することによってバストアップを目指す方法がよく行なわれています。ただ、そこまでの勇気とお金がなかなか出せない場合には、自宅で時間をかけてバストアップする方法もありです。様々な方法があるために様々な情報が流れています。自分に一番あった方法で取り組むことが確実なバストアップにつながると思います。まずは、情報収集をすることをお勧めします。バストアップには欠かせないバストアップブラが非常に人気がありますね。年齢を問わず、多くの女性が使うようになってきています。一昔前には、高額な補正下着が物議をかもしていたものですが、最近では、女性の美容意識が向上したからか、あるいはきちんとした判断が出来るようになったからか、その類のものが高額であっても、問題が浮上することが少なくなりました。ただ、同じ補正下着でも、バストアップブラはちょっと意味合いが違います。普通の補正下着は、メリハリボディを作り出すためのものですよね。そのときだけ体型を美しく見せるためのものです。対して、バストアップブラはバストを美しく保つための下着です。自分に合わないブラジャーとか、大安売りで買ってしまったブラジャーとか言うものではバストは美しさを保てません。なぜかと言いますと、ブラに胸を収めていても、バストの脂肪が脇やお腹に流れていってしまうんですね。そうすると、バストは形が悪くなるだけでなく、小さくなっていきます。その結果、皮膚が余って垂れる、あるいは、胸がしぼむ、そんな状況になってしまうわけです。そうならないためには、バストアップブラは必須アイテムです。ブラの中に、脇やお腹の脂肪を集めてきて収めます。普通のブラジャーだと、徐々に徐々に脂肪は移動して戻っていってしまいますが、バストアップブラならそれがありません。だから、急にサイズアップしたかのようなバストがずっと続きます。そして、バストアップブラをつけ始めると、バストの形が少しずつ良くなっていきます。おそらく脂肪が胸に定着してくるのではないでしょうか?お出かけ用のバストアップブラと、お部屋で着ける用のバストアップブラが販売されていますから是非、使い分けてみて下さい。

 

バストアップエクササイズ

エクササイズは、当然のことながら体を動かして筋肉を鍛えることでバストアップを図ります。中には、体を動かすのは苦手な方もいらっしゃるかもしれませんが、エクササイズと言っても、そんなに激しい運動ではありませんし、エクササイズによって、体の代謝がよくなり多少汗ばむだけでも気分がすっきりするとともに、継続することでダイエットの効果も期待できますよ。今日からでも、さっそくバストアップのためのエクササイズをはじめましょう。バストは、悲しいことに加齢によって垂れていってしまいます。大きなバストではなくても垂れていってしまうんですね。もし、長い年月なにもせずに放置したならば、バストの上の薄い皮と胸の筋肉である大胸筋だけで支えられているバストは、皮膚は弛むし大胸筋は老化するしで、バストの重みに耐えられなくなっていきます。バストを支えてくれている皮や胸の筋肉がきちんとバストを支え続けてくれるように、エクササイズをはじめましょう。バスト回りのマッサージや、皮膚や筋肉の維持に必要な食事を意識することも必要ですよ。サプリメントを飲みながらのエクササイズは、効果が出やすいでしょう。バストアップに成功し、胸周りに脂肪がついたとしてもそのバストを支える筋肉を発達させていなければ、かっこ悪い胸になってしまいます。バストアップエクササイズを継続して大胸筋を鍛える、それが本当のバストアップにつながるのだと思います。気にする女性は年中気にしているようですが、やはり春を過ぎて夏になると、胸元が大きく開いた服を着るようになりますから、どうしてもバストの大きさや形が目に付いて気になってしまうものです。他の女性の豊かなバストを横目で見ながら、自分のバストと比べてしまったり。効果的なバストアップの方法はないものかと考え込んだりしてしまいます。
そもそも、なぜ人によってバストの大きさにこんなに差があるのでしょうか?バストは、90%の脂肪組織と10%の乳腺から出来ています。胸の大きさを決めるのは、乳腺の発達の具合だと言われているのですが、乳腺を発達させるには、女性ホルモンの充分な分泌が必要になってきます。女性ホルモンが多く分泌されれば、身体に脂肪が付きやすくなるのですが同時にバストも大きくなっていきます。

バストアップ体操の方法もいろいろあります

バストアップの方法もいろいろありますが、自宅で毎日取り組めるバストアップの方法としてマッサージがあります。特に、このマッサージはバストアップ体操と一緒に取り組むと効果がよく見えてきます。ただ、そのままマッサージすると、バストの皮膚に負担がかかってしまいます。なぜかといいますと、バストアップのためのマッサージは、顔のマッサージとは異なって、なでるだけでなく結構しっかりめにマッサージします。出来れば、マッサージオイルやジェルなどを用いるとよいでしょう。マッサージでバストアップの効果が出てくる理由としましては、血行がよくなるため、ということになります。バストそのものの血行をよくするということでもありますが、しっかりマッサージすることで、バストを支える大胸筋に働きかけるわけです。つまり、大胸筋の血行を良くする事が出来るんです。そうすることによって、バストが垂れることはなくなりますから、マッサージがバストアップに効果を表すわけです。バストアップ体操と一緒に行なうと、より効果的だといわれる所以はここにあります。いつでも簡単に出来るバストアップマッサージの方法としましては、まず座ったら片方の手を胸の下側にあて、一方の手は胸の上側にあてます。下側の手は、胸から脇の下の方向へ、上側の手は脇の下から胸の方向へマッサージします。両手を同時に動かして20回くらいマッサージします。左右の胸で行います。お風呂でもバストアップマッサージする方法があります。まず、右胸を右手にのせ、左手は右胸の上に置きます。右手の手のひらでバスト上に押し上げ、左手はバストを下の方向に軽く押します。20回くらい繰り返します。左胸も同じように行ないます。一番大切なことは、続けると言うことです。毎日少しずつのマッサージがバストアップにつながっていくからです。今は、バストアップにもいろんな方法がありますね。サプリメントを飲んでみることも、美容整形外科で豊胸をするのも一つのバストアップの方法です。どの方法にするかは、自分の生活スタイルや好みにもよりますが、自分自身でバストアップしていくのなら、エクササイズがお勧めです。