「妊娠初期」タグアーカイブ

葉酸はいつ摂ればいいのかと言えばまず妊娠初期

葉酸はいつ摂ればいいのかと言えば、まず妊娠初期です。

それなら、いつまで多く摂るべきなのかと思うでしょうが、推奨されているのは、授乳が終わるまでです。

そんなに長い期間と言われそうですが、妊娠中期まではなんとか多めの葉酸を摂り続けて欲しいと思います。

葉酸を摂るのは子供のためだけではありません。

お母さんが元気で過ごすためにも必要となる栄養素なので妊娠期間中、また出産後に不足することがないよう意識的に摂ることが必要とされています。

生食だけでなく、料理の素材としても使われる独特のクリーミーな食感を持ったアボカドは、ビタミンB群の一つ、葉酸が多く含まれる食材です。

健康を保つ上で葉酸はたくさんの重要な役目を果たしています。

鉄分とともに摂取することで貧血を防止する、その他、生まれる前の赤ちゃんに必要な栄養が行き届くようにするなど、生まれる前から年をとるまで欠かせない栄養素です。

葉酸という栄養素はことに妊娠初期の摂取で順調に胎児の細胞分裂が進むなど発育にとって非常に効果的な面があるのは有名な話でしょう。

葉酸といえば、ブロッコリー、アスパラ、枝豆、そしてほうれん草などの葉物に比較的多めに含まれています。

いろいろな会社から発売されているサプリメントでも十分摂取できるので、女性は、妊娠前から妊娠中まで毎日摂り続けてほしいものです。

妊娠の可能性がある女性にはビタミンの一種である葉酸を摂ることがおすすめです。

それには大きな意味があり、子供に起こる先天性障害の可能性を低くする効果が確認されているためです。

ただし、過剰摂取したときの影響が考慮されなければなりません。

子供に起きる問題としては、将来、喘息を発症する可能性があるようです。

葉酸を摂るときは、過剰摂取にも配慮しましょう。

ゴーヤーと言えば、妊娠中の女性には欠かすことができない葉酸が豊富に含まれています。

葉酸を摂ることを目的としてゴーヤーを献立に取り入れるのは良いとされますが、たくさん食べれば良いというものでもありません。

妊婦に限りませんが、ゴーヤーを食べ過ぎると、食後の胃もたれや下痢が現れる人もいるそうです。

そうした消化器系の不調は母体のみならず、胎児にも良くない影響が及ぶかもしれません。

ビタミンB群である葉酸は、熱に弱いという性質がありなかなか食事だけでは必要な量を摂れないので、サプリメントなどで補っていった方が賢明です。

サプリメントで葉酸を摂る場合、加熱処理で葉酸が減っていない製品を見つけることがポイントの一つに挙げられます。

摂ったものが自分の身体を作るわけですから、原料が天然のものに由来していることや、香料や着色料などが無添加であることという安全面もよくチェックしてください。