「歯磨き指導」タグアーカイブ

歯磨きはお風呂でするのが常識です

私も歯医者さんに何回か通院していますが、歯磨き指導でお風呂の中でするのがいいですよ。という指導を受けたことがありません。ところが、お風呂で歯磨きするととんでもない効果があることがわかってきました。
お風呂に入ると体が温まって、身も心もほぐれやすくなりますよね。気分もよくなり、そんなリラックス状態にある時に歯ブラシで口の中を刺激すると、あるいは磨く行為をしますと、成長ホルモンの「パロチン」が分泌されやすくなるそうです。パロチンは歯や骨の再石灰化を助けるだけでなく、全身の代謝を良くして肌や髪の毛も健康な状態に戻す効果もあるため、別名「若返りホルモン」とも呼ばれます。実は、パロチンは24歳をピークに、加齢と共に分泌量が減少します。また、ストレスによっても分泌されにくくなるそうです。そのため、忙しい大人の女性ほど意識的にパロチンを出す必要があります。「お風呂で歯磨き」は、それにまさにうってつけというわけなんですね。
パロチンが分泌されると代謝がよくなるため、ダイエットの効果も期待できるということです。極端なダイエットはかえって代謝を下げてしまい、体に良くないことになりますが、適度のダイエットは、お風呂で歯磨きなら健康的に代謝を上げられるのでダイエット効果があるということです。
ちなみにあなたは、歯磨きの時に歯磨き粉を使っていますか?お風呂でゆっくり歯磨きをする場合、歯磨き粉は敢えてつけない方が良いでしょう。その理由は、口の中に歯磨き粉が溜まってしまうと、長い時間磨けなくなるから。また、歯磨き粉による爽快感が得られない分、汚れている状態を認識しやすくなり、「しっかり磨こう」という気持ちが強くなります。